生活保護却下は違法 元ホームレスの男性勝訴 東京地裁

東京都新宿区が生活保護の申請を却下したのは不当として、ホームレス生活をしていた男性(61)が処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、処分を違法と認め、生活保護の開始を命じた。

 川神裕裁判長は「男性には就労の意思があった」とした上で、(1)居宅がなく、求人側と連絡を取るための確実な連絡先を持っていなかった(2)身だしなみを整えて面接に向かうための所持金もなかった-と指摘。「直ちに就労の場を得られたとは認められず、就労は実際には困難で、生活保護受給の要件を満たしていた」と判断した。

 判決によると、新宿駅近くで生活していた男性は平成20年6月、新宿区に生活保護を申請、「業種を問わなければ就労努力で適切な仕事を確保できる」と却下された。男性は現在、板橋区で生活保護を受け、福祉施設で働いている。

=引用:2011.11.8  . :産経ニュース=
------------------------------

豊中市障がい者市民の会

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja