豊中市役所嘱託職員 「虫けら」 生活保護受給者に暴言か

大阪府豊中市の同市役所庄内出張所を訪れた生活保護受給者の50代の男性に対し、元警察官の嘱託職員が暴言を発したのは「人格権の侵害に該当する」として、大阪弁護士会が同市に勧告書を出していたことが1日、分かった。

 同弁護士会によると、勧告書は10月31日付。2009年10月、男性は出張所で、生活保護費の支給が遅れていることに抗議。大声を上げるなどした際、職員数人とともに対応した元警察官が「虫けら」などと暴言を吐いた。

 豊中市によると「虫けら」との発言は確認できていないが、対応で不快な思いをさせたとして男性に謝罪した。

 同弁護士会は10月31日、大阪刑務所(堺市)で男性受刑者の調髪に使うバリカンの消毒処置が不適切として内規を改定するよう勧告書も出した。(共同)

 [2011年11月1日22時10分]

引用:日刊スポーツ新聞社

豊中市障害者市民の会

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja